Make your own free website on Tripod.com
なつおと一緒! 第2回 
ライター宇田川<広島>和美
目次へ  ペーパーバックへ戻る 第3回へ
 
 今年も6月が来ましたね。 

 6月ってただでさえ梅雨でジメジメしていて気分が晴れないのに、夏生(なつお)が生 

まれてからは、また違う意味で、私にとって複雑な気持ちになる月なのです。 

 6月26日は、夏生の誕生日です。 

 普通誕生日というとお祝いの日ですよね。夏生も毎年写真を撮って、家族でケーキを 
食べました。 夏生は、ほとんど食べ物を飲み込めないのですが、体調の良さそうな時 
(一度しかなかったけど)には、クリームを指ですくって、口の中に入れてあげました。 

 でも、私はお祝いをしながら、複雑な気持ちでした。 

 本当なら、誕生日は9月のはず。 何の出産準備もしないまま、6月に入ったら出血 

し、陣痛のような定期的な痛みが始まって、入院し、手術をし、出来る限りのことはした 
けれど、とうとう「生まれてしまった」− それが6月のあの日。 

 
●●●●●●●●●

 確かに、死んでしまったと思った子どもが、重い障害をもちながらも、何とか一命を取 
り留めてくれたのは、本当に本当に嬉しいことでした。 

 しかし、一命を取り留めたとはいえ、いつ死んでしまうかもしれない緊張した日が、ず 

っと続きました。 

 生まれた日も、一命を取り留めたと聞いたときは、嬉しくて泣きましたが、その瞬間に 
も「死んでしまったかもしれない」、と思っていました。 

 とてもお祝いどころではありません。 

 
    ●●●●●●●●●

 そんなわけで、誕生日というよりは、とうとう生まれてしまった「残念な日」という印象 

が強いのです。 

 入院して、「今日も何とか生まれないでいてくれた」と、一日一日過ごしていたので、な 
おさらです。 

 まあ、何とかまた一年、生きていてくれた、という日でもあるので、複雑な気持ちにな 

るのです。 

 
    ●●●●●●●●●

  その後も、6月にはあまり良いことはありませんでした。 

 2歳の誕生日は胃食道逆流症の手術のため入院。 

 3歳の誕生日も、私が娘を妊娠したので妊娠悪阻になり、夏生の健康管理ができず 

に、脱水と肺炎で入院していました。 

 4歳の誕生日には、本当は体調が良かったのに、扁桃腺が腫れていて、長男のおた 
ふく風邪がうつったのかもしれないとお医者さんが言うので、通園施設め家族参観(毎 

年6月に行われるので、一度も出席できなかった。出席したかったなぁ。)も、お休み 

し、外出できずにいました(結局うつらなかった)。 
 

  ●●●●●●●●●

 でもたった一度、嬉しい誕生日がありました。それは、一歳の時のことです。 
  
 誕生日だから写真を撮ろうと言って、写真を撮り始めたときのことです。 

  
笑顔のない夏生が、なんと「にやり」と笑ったのです!

 ひきつった笑顔ではありますが、一生笑顔は見られないかもしれないと思っていたの 
で、一歳で笑顔が出るなんて、未来が輝かしく思えました。 

 夏生よりも私のほうが、顔を赤くして嬉しそうにしている写真が残っています。   

 
●●●●●●●●●

 同じ通園施設に何年か前一緒に通っていたお友だちがいます。 

 その方の息子さんは、一歳で亡くなってしまいました。 

 その亡くなった息子さんをはさんで二人の姉妹がいるのですが、その方は、いまでも 

亡くなった息子さんの誕生日にはひとつだけケーキを買って、仏壇にあげてあげるの 

だと言っていました。 

 けれど、私は、夏生が死んだ昨年の誕生日には何のお祝いもしませんでした。 

 そして今年もきっと。 

 でも、お祝いしたはうが夏生は喜ぶかなぁ。 

 でも、あの日に生まれなければ、夏生は今でも元気に走り回っていたはずなんだも 

の。 
                    (つづく)